スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍術士アディショナルスキル(βフェーズ3版)

アディショナルスキル第4回目は槍術士についてです。

※個人の主観が大いに含まれています。
※データの数値など間違っている可能性があります。
※β仕様なので製品版では変更される可能性があります。


■表示の例

k01 ①フラッシュ(レベル8)
 ②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 幻術士 呪術士 ナイト モンク 戦士

③自身の周囲にいる敵に対して、自身への敵視を上昇させる。(2.5秒:GCD)

①WSやアビリティの名称、括弧内は習得レベル。
②はそのWSやアビリティの行動適正(使用可能)があるクラス、ジョブを記載。
③はそのWSやアビリティの効果説明、括弧内はリキャストタイム。






■槍術士
アディショナルスキルの種類は多いですが、好みが分かれそうな物が多い印象です。
個人的には非常に有用な物が揃っているのと、比較的高レベルにならないとすべてのアディショナルスキルが習得できない事から、優先的にレベリングをしたいクラスでもあります。




s01.png ①フェイント(レベル2)
②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 モンク 竜騎士 吟遊詩人

③対象に物理攻撃。 威力:120 追加効果:対象に20%スロウを付与する 効果時間:10秒
 (2.5秒:GCD TP消費80)

ダメージ目的と言うよりはスロウ付与の目的で使用する事が多いであろうWSです。
効果時間がそこまで長くないので、パーティメンバーに槍術士、竜騎士がいればそちらに任せた方がいいでしょう。(クラス特性で効果時間が20秒ある為)
アディショナルスキルとして使うのであれば個人的には弓術士が向いてると思います。弓術士はDOTで削るタイプだと思っているので(自身の純粋なダメージ目的のWSは総じて威力が低め)DOTを維持していればある程度行動に余裕がでてくるのと、射程が長いので補助系の攻撃は入れやすいです。





s02.png ①キーンフラーリ(レベル4)
②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 幻術士 呪術士 モンク 竜騎士 吟遊詩人

③一定時間、自身の受け流し発動率を20%上昇させる。 効果時間:20秒(90秒)

受け流しはダメージがカットされているのは分かるのですが、実際どれほど効果があるのかが良く分かっていません。まあ防御系アビリティなので当然敵に攻撃されていなければ使用する必要もないので、セットするのであればタンク系が向いていそうです。とは言え現状の行動適正を見るとジョブになった場合、ナイトも戦士も使用できないようですが・・・。あとは比較的効果時間が長いのでソロなどで格上を相手にする時など使用する分には良いかもしれません。





s03.png ①インパルスドライヴ(レベル8)
②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 モンク 竜騎士

③対象に物理攻撃。 威力:100 背面攻撃時威力:180(2.5秒:GCD TP消費70)


背面攻撃時限定とは言え、威力の割りにTP消費も少ないWSです。
パーティ時においてはタンクがターゲットを持っていてくれるので使用できる機会は多いです。格闘士をプレイする時はアディショナルスキルで入れていましたが、疾風迅雷を維持しつつ打ち込む事も十分可能なので格闘士の序盤においては中々有効な攻撃手段になると思います。
背面攻撃時以外は唯の弱スキルでしかない為、タンクには向いていないWSですね。剣術士にも斧術士にもスタン攻撃はあるのでスタン→背面にまわりインパルスドライヴなどできる事はできますが、他のWSを撃ったりした方が有意義だと思います。





s04.png ①気合(レベル22)
②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 幻術士 呪術士 モンク 竜騎士 吟遊詩人

③自身のTPを300回復する。(180秒)

リキャストタイムが凄まじく長いものの、個人的には数あるアディショナルスキルの中でもお気に入りの一つだったりします。長期戦のTP枯渇防止には勿論、燃費が悪いWSも使用しやすくなりますし、ソーサラー系を除けばどのクラスでも有用なアビリティだと思います。ソロ時のチェイン狙いで連続戦闘する際のお供にも最適です。
戦闘以外でもID時のスプリントの使用に大きく貢献したりします。(宝箱回収に先行スプリント→他のメンバーが次の敵グループに遭遇してもすぐさま全力に戦えるなど)
βテストフェーズ3で私は基本的に気合ありきのTP管理をしていましたが、進行速度が大分変わってくるのでお勧めです。スプリントを誤爆した際の保険にもなります。(笑)
燃費が悪い斧術士がもっとも恩恵がありそうですが、適正を見る限り、戦士になると使用できなさそうなのは残念ですね。あまり気合ありきの動きをしているとTP管理が雑になりそうなので気をつけたい所です。





s05.png ①捨身(レベル34)
②剣術士 格闘士 斧術士 槍術士 弓術士 幻術士 呪術士 モンク 竜騎士 吟遊詩人

③一定時間、自身の与ダメージを20%上昇させる代わりに被ダメージが25%上昇する。 効果時間:20秒
 (80秒)

習得レベルが比較的高めなのがネックですが、それを差し引いても非常に優秀なアディショナルスキルだと思います。個人的に行動適正のあるアタッカークラスは無条件で入れてもいいレベルだと思っています。

効果だけみるとほぼ弓術士の猛者の撃と同じですが。

※猛者の撃の効果
一定時間、自身の与ダメージを20%上昇させる。 効果時間:20秒(リキャスト180秒)

捨身のメリットは猛者の撃と比較してリキャストタイムが非常に短い点で、デメリットは自身の被ダメージが上昇してしまうという点でしょう。
アタッカーは基本的にタンクがターゲットを取っている以上狙われる機会は少ないですし、有用なのは言うまでもありませんね。何より猛者の撃とも効果が重複しますし、習得している方であればどちらも入れているという人がほとんどでしょう。
一方で攻撃を受けるタンクでも使用できる訳ですが、個人的にはタンクでも「有り」だと思っています。タンク系の2クラスで言えばどちらかと言えば斧術士向けでしょうか。
ダメージが上昇してしまうデメリットはありますが、自身の与えるダメージが上昇するのでブラッドバス、マーシーストローク等のアビリティとも相性が良いですし。どうしてもダメージが気になるのであれば、フォーサイトなどの防御アビリティとセットに使用するのも良いと思います。
アタッカーと違い、使う状況を考えなければいけないものの与ダメージがアップする=敵視も多く稼げるので有効活用できるのであればそれに越した事はないと思います。
個人的にはこういうデメリットがあるものの適切に使えば恩恵が大きい、効果が絶大といったスキルは好みです。







純粋に使えるアディショナルスキルが多いですが、背面限定で高威力や、被ダメージが上昇するなど、若干尖った内容のスキルもあります。この点が好みが分かれてくると思う点ですね、捨身の項目でも書いたように適切に使えれば有用な事が多いので、アディショナルスキルとしてセットしておいて使い道を模索しながらプレイするのも楽しいと思います。個人的には真っ先に捨身をとりに行きたかったのですが、βテストフェーズ4はレベルキャップが20までのようなのでアーリーアクセス、正式版待ちですね。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。