スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限の冒険

目指すものは、「無限の冒険」と言うファンタシースターオンライン2をプレイしてみました。


正式サービスが開始したのは大分前の事らしいですが12月半ばあたりからやり始め、休日等を利用してまとまったプレイをしてみたので軽く感想を書いていこうと思います。
(wikiを見た方が正確な情報が手に入るのであくまで自分自身がプレイしてみた感想になります)


※歴史のあるシリーズらしいですが、同シリーズをプレイするのはファンタシースターオンライン2(以下PSO2と略します)が初となります。その為、記入されている内容に不備があるかもしれませんが予めご了承ください。


・プレイ状況
ベリーハードに挑戦できる位のレベル。
クラスはハンター、ファイターをメイン。
ソロプレイしかしていません。(マルチパーティは除く)



アクションゲームと言う事で以前にやっていたドラゴンネストとどうしても比較になってきますがどちらかと言うとモンスターハンターシリーズに近いような動き、システムだと思います。
もっともゲームの歴史的に言えばファンタシースターシリーズの方が先にでたものらしいですが。ある程度ゲーム内で遊べるコンテンツも増えてきたのでドラゴンネストとの比較を交えての感想でも書いてみようと思います。



○アクション

ドラゴンネストをプレイしている頃にこのPSO2に移住した方もいて、そう日が立たないうちにドラゴンネストに戻ってくるという事がありました。

ドラゴンネストと比べると一言で言えば「もっさり」といった感じの動きです。
序盤はレベルが上がりにくいのとこの動きの「もっさり」感で辞めてしまう方が多いのだと思います。正直私も最初は動きは鈍いし使えるフォトンアーツ(スキル)も少ない、クエストもマンネリ感を抱いており飽きたらプレイをやめればいいと言う安易な気持ち、惰性で続けていました。

しかしスキルが増えてきて、扱える武器の特性を理解してくると一気に楽しくなってきました。
特にファイターの武器種、スキルはどれもトリッキーな動きや今までにない機動性を誇る動きもできるのでほとんど別のゲームをやっている状態にさえ感じました。
戦闘中に武器種の切り替えをする事も容易なので、相手によって武器を変えたりスキル構築等の楽しみもあるので中々楽しめてます。
また、「サブクラス」に「フォース」や「テクター」を設定する事で近接職である「ハンター」、「ファイター」で魔法が使えたりと楽しみ方は色々ありそうです。

アクションの楽しさで言えば正直昨今のドラゴンネストより個人的には上かと思いますが、最初に言ったようにどちらかというと動きはモンスターハンターに近い感じです。
スキルの派手さもあまりないので(後半のフォトンアーツには派手なものも多いですが)ドラゴンネストのようにスキルがものすごく目に引くという事はあまりないかもしれません。
その反面ドラゴンネストよりコンボの楽しさはあると思います、まあ好みが分かれると思いますが私はなんだかんだ言って今の所は楽しめていますね。
アクションとは直接関係ない話題かもしれませんがクラスチェンジは無料で何回もできるのでたまには他のクラスで楽しみたいといった時も簡単に変更できるのも良い点ですね。




○システム関連

・敵からドロップしたアイテムはすべて自分の物
これは非常に良いシステムだと思います。ドロップアイテムの事で揉める事もありませんし、またゲームによっては「横殴り」と言う概念があるものもありますが(主にMMORPGにある概念)PSO2はマルチプレイなどで他のパーティと敵を倒す際にもお互いに経験値、ドロップは貰えるのでデメリットは一切なく、安心して共闘する事ができます。個人的にこのシステムは他のオンラインゲームでも採用してもらいたいくらいですね。


・課金関係
これは私自身がまだ課金してプレイしていないので良く分かっていません。
しかしゲーム内でトレード、マイショップ(取引所のようなもの)を利用するにはこの課金が必要となってくるようです、あとは大抵のゲームでもある利便性の向上的なアイテムがほとんどで今の所は課金必須という感じではありません。
※トレードは双方が課金をしていなければできない。
※マイショップに関しては出店は課金が必要だが、購入時は必要ない。

所謂「ガチャ」もありますが、今の所はゲーム内容に大きく影響がでるようなアイテムはでないようです。(アバターや利便性向上アイテムがほとんどのようです)
色々オンラインゲームはプレイしてきましたがドラゴンネストのガチャ(シュパンボックス)が最悪でしたね、確率も低くなおかつステータスに大きく影響がでるアイテムを入れるのは正直どうかと思っています。アバターにも能力差があったりしますしね。まあドラゴンネストの課金システムに比べればすごく良心的に見えてしまいますね。



・マルチパーティシステム
通常のパーティは4人まで組む事ができますが、特定のエリアや特定のクエストではマルチパーティエリアが設けられていて最大12人でクエストを同時に進行する事ができます。
緊急クエストの大型ボスエネミーなどが相手の場合もマルチパーティで挑むようになっているようですね。



○不満点

基本的に良い事ばかり書いてきましたが、不満な所も当然あります。

・とにかく作業感がすごい
まあこれはオンラインゲームの宿命なのですが、序盤から強要されるのでそこで飽きてしまう人も多そうです。
クエストの内容がとにかく面倒でクリアランク、クリアタイムが影響してきたり、装備を指定されたりとこの辺はまだ良いのですが特定のボスエネミーを5匹倒せなど手間のかかる内容のものが多いです。必然的に「周回ゲー」になりがちですね。
また、ランダムマップとインタラプトイベント(ステージ攻略中に突発的に起こるミッション)の影響でさっさとボスだけ倒したいような状況でも進行の妨げになる事があります。インタラプトイベントは内容によっては楽しめるのもあるので一概に悪いとは言えませんが。


・気軽にトレードできない
課金関係の所でも書きましたが、アイテムトレードには課金がほぼ必須なようで(一部ゲーム内で貯まるFUNというポイントで手に入る事もあるようですが確率が非常に低い)いらないアイテムを処分したりあげたりするのも気軽にはできないようです。
勝手な想像ですがこのあたりはRMT対策も兼ねているのではないかと思っています。不便ではありますがそこまで今のところ困ってはいませんね。私自身がレアは自分で手に入れたほうが喜びを感じる人間だからかもしれませんが、人によって賛否両論でしょうね。


・レア度の高い装備の強化費用が尋常ではない
このゲームの装備は強化によるロストはないようなのですが、精錬値が下がったりする事はあります。
レア度の低い装備はそこまで要求するお金もグラインダー(強化に必要な素材)も良心的で成功率も比較的高いようですがレア度が高くなってくると強化成功率が下がる上に1回の強化でかかるお金が尋常ではないのとグラインダーも大量に必要なのであっという間にお金がなくなります。
最後にも書いてありますが、幸い「廃装備必須」と言うゲームではなく自分自身の動きでなんとかカバーできる部分も多いので無理に強化しなくてもやってはいけると思います。厳しいようであればパーティプレイを行えばいいですしね。
装備の精錬があるオンラインゲームは似たような状況になる場合がほとんどなので自分自身の動きでカバーできる分マシだと思います。とは言え折角レア度の高い装備を手に入れてもうまく精錬が成功せず、以前に使っていた高精錬装備の方が能力が上という事も間々ありますが。





○まとめ

他にも様々な要素がありますが、すべて書いているときりがないのでこの辺で終わりにします。
序盤ははっきり言ってレベル上げの作業が続くのでしんどいですが、レベルが上がってきてベリーハードあたりになると歯ごたえがある難易度になっているので個人的には楽しめています。
また、クエストを受注して報告する際にクラスを変えて報告もできるので(レベルで報酬に補正が入りますが)1クラスをある程度レベル上げしてしまえば意外とレベリングは苦にならない感じですね。
まあドラゴンネストに比べてエンドコンテンツもいい感じにゆるいです。キャラクターが戦闘不能になった時の復活条件が非常にゆるかったり、一人の責任で全員が戦闘不能になるといったギミックも今の所ないので気軽に参加できると思います。
装備に関してもドラゴンネストはハッキリ言って装備がないとそもそも攻略が話にならないですが、PSO2は敵の弱点部位等もあるのでそこをうまく攻撃したりすればある程度の装備でも全然なんとかなります。私自身ベリーハードにいくまで防具は未強化でいきましたがなんとかなりました。(もちろん敵の攻撃に当たると被害甚大ですが)かといって装備の強化がいらないという訳ではなく、マルチパーティなどですごい装備の方と共闘するとダメージの違いに驚きます。そういう強化の楽しみという要素も残していて中々良いバランスなのではないでしょうか。クラス間のバランスが悪いと言われていますが、職業バランスが取れたゲームなんて数えるほどしかない・・・と言うよりはプレイした事がないのでこんなものかなという印象しかありませんね。
結局好みによると思いますが、気になった方は無料ですしとりあえずプレイしてみるのも良いかもしれませんね。システムが気に入った方でも序盤は本当につまらないと思いますが・・・。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。