スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏白蛇島

白蛇島のアイテム等を調整し、難易度をあげたダンジョンです。


wikiによると以下の点が白蛇島と異なるようです。

・ペリカンが出にくい・カンガルーが出やすい・トドが出現しない・おうごんマムルが出現など、敵の出現率・出現テーブルが変化
・ワナが多い
・矢のワナの出現度がかなり低下している(ワナでの矢稼ぎがしにくい)
・敵の初期配置数が多い
・下りダンジョンになった(つまり落とし穴の罠により次の階層に行けるという事)
・祝福ギタン・ねだやしの巻物が出ない
・保存の壺が極めて出にくい
・根性の竹刀、衰弱の枝、グランドカウンター、身かわしの盾、白紙の巻物、ねだやしの巻物、持ち帰りの巻物、引き上げの巻物、透視の腕輪、よくみえの腕輪、ハラヘラズの腕輪、識別の腕輪、プチフェニックスの箱が出ない
・若干だが、杖・巻物・腕輪が出にくくなり、剣・盾・壺の出現率が上がっている
・祝福の壺、ケンゴウのカタナが出る


つまり、プレイヤーに有利になるアイテムを削除し凶悪なモンスターを増加させたという調整が入っているようです。怪盗ペリカンは本当に出現数が少なくってしまった為合成の機会が減ってしまうのも問題ですね。



▼番付

ura2.jpg


▼クリア時のステータス、装備

ura1.jpg

また、サブ盾として正面戦士の盾(印はト、弟)を所持。

なんとか打開できたものの厳しい状況が続きました。実は所持している武器はサブとして作成していたものでメインは70階あたりで出会いがしらにハイパーゲイズの催眠攻撃を受け→武器を外す→回復の壷に入れる→消滅。という事に・・・。やまびこの盾がないと回復の壷や底抜けの壷を持ち歩くのは多少リスクが伴いますね。
メインもどうたぬきでしたが「回」、「会」、「三」といった強力な印を合成できていた為かなりショックが大きかったです。また、下層での出来事ではありますが合成させたペリカンが逃げたので石で倒そうとした所。


石を投げる→外れる→下に落とし穴の罠がある→ペリカンが消える。


といった事を体験しました。(笑)
たいした物を合成していなかったので良かったもののこういう事があるのでこのゲームは面白いですね。


深層ではオオイカリモンスターの被害も思ったよりはなく、打開アイテムも十分保持していた為ある程度余裕を持って攻略する事ができました。
おうごんマムルも正面戦士の盾があったのでそれほど脅威ではありませんでした。深層でオオイカリモンスターがそれほど発生しなかったのが幸運でしたね。このあたりはかなり運が絡んできますので・・・。


このダンジョンは難易度のバランスが良く人気のあるダンジョンで、タイムアタックをする人は2~3時間程度でクリアするようです。私は長考するので元々攻略が遅いのと、まとまってプレイをしないで中断を挟む回数が多いので(今回の冒険で12回ほど中断をしました)タイムアタックは到底無理そうです。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。